もう騙されない!映画・TVドラマを100%満喫する鑑賞法

メーカーのうたい文句に騙されないための映画・TVドラマの鑑賞法や業界情報から業界仕掛人まで、さまざまな切り口でエンタメ情報を紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

河瀬直美監督の『殯の森』カンヌ映画祭グランプリ受賞の予感

5月16日から27日までの期間中南フランスの高級リゾート地であるコート・ダジュールの街カンヌで開催されている第60回目のカンヌ映画際の受賞式がいよいよ明後日の日曜日に迫ってきました。

私も2回程、行った事がありますが日常を忘れるぐらい、この映画際の時期は活気に溢れています。(日本に戻った時のGAPが激しいですが・・)いいホテルは1年前から予約を入れないと取れません。

KANNU

映画祭のメインといえるコンペティション部門は、 応募作品の中から映画祭事務局が選定したものが上映され、最高賞「パルム・ドール」のほか、審査員特別賞(グランプリ)、 最優秀監督賞、同男優賞、同女優賞などを、毎年異なる審査員が選定します。


今回の審査委員長は、アメリカアカデミー賞作品賞にノミネート『クィーン』のスティーヴン・フリアーズ監督が務めます。


アメリカアカデミー賞の時のように、TVではあまり話題にはなっておりませんが日本からも1作品ノミネートされているのです。


その作品は・・・



「殯(もがり)の森」


監督は、1997年に『萌の朱雀』でカメラドール(新人監督賞)を受賞した女性監督の河瀬直美さんで、この映画をプロデュースした『リング』のプロデューサーの仙頭武則と結婚したのです。(後に離婚しましたが・・)

K1


「殯(もがり)」とは、「貴人が死んでから本葬するまでの間、遺体を仮に納めて置いたこと。また、その場所」で「喪(も)あがり」という意味にもとらえられます。

mogari


【作品内容】


「殯の森」は、奈良県の山間部が舞台。グループホームで暮らす認知症の男性しげきは33年前に亡くなった妻の墓参りに出かける。新任の女性介護士・真千子が付き添うが、彼女は我が子を亡くした悲しみを抱えている。二人は墓を探して森をさまよう。その姿を通して、人間の生と死について問いかけていく。


◎『殯の森』公式サイト


実は彼女の作品は、最もお金にならない作品とも言われており、芸術性と娯楽性が一致しないわけです。作品的には素晴らしいが、観客は娯楽を求めて映画を観るわけですから映画ビジネスは難しい訳です。


【河瀬直美監督作品】


・につつまれて(1992)
・かたつもり(1994)
萌の朱雀(1996)
・杣人物語(1997)
・万華鏡(1999)
・火垂(2000)
・きゃからばあ(2001)
・追臆のダンス(2002)
・沙羅双樹(2003)
殯の森(2007)


ただ、今までは低予算でしか撮れなかった彼女もカンヌ映画際でノミネートされる事で大手映画会社から声がかかり予算が上があれば芸術性があり娯楽映画も撮れる要素を秘めている訳です。


そして・・・

長谷川京子が河瀬直美監督の次回作品の主演に決定しました。


来年夏公開予定のラブコメディー「世界中がわたしをすきだったらいいのに」で、平凡な日本人OLの役。東南アジアのタイでさまざまな文化に触れながら、1人の女性が成長していく物語です。


長谷川京子が、今までにない新しいイメージに挑戦するそうですので、いろいろな意味でも期待したい作品ですね。





■発売日:2007/9/25
■監督:河瀬直美 
■出演者:國村隼 尾野真千子 和泉幸子 柴田浩太郎
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://riribaby2.blog88.fc2.com/tb.php/92-b1fb69a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

riribaby

Author:riribaby
1961年大阪生まれ。映画あずみ・スカイハイの北村龍平を輩出した第1回インディーズムービーフェスティバルを立上げる。又、故淀川長治さんとジョイントセミナーを実施し話題に。

人気ブログランキング

応援クリックお願いします! B




最新映画NEWS
カレンダー

01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー
月別アーカイブ
お得な情報

TB

リンク
スポンサード リンク

ブログ全記事表示
検索フォーム

■タイトルを入れるとブログ内検索が出来ます。

邦画レビュー
洋画レビュー
TVドラマレビュー
記事
ぴあ満足度ランキング1位
全米興行収入1位
韓国・香港映画レビュー
放映中のテレビ番組

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。