もう騙されない!映画・TVドラマを100%満喫する鑑賞法

メーカーのうたい文句に騙されないための映画・TVドラマの鑑賞法や業界情報から業界仕掛人まで、さまざまな切り口でエンタメ情報を紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラッド・ダイヤモンド-ぴあ顧客満足度1位

ぴあ満足度ランキング』をお届け致します。

ぴあ満足度ランキング』とは、毎週、新作映画公開初日に、“ぴあ出口調査隊”が映画館でのアンケートやモニター調査を実施。ぴあが独自に集計・発表しているオリジナルのランキングです。観客の生の声を調査していますので、映画選びの参考になるかと思います。


映画の予告や宣伝に騙されて後悔した事はありませんか?又、知らなかった映画が満足度ランキングの1位にランクインしていたりしていてノーチェックの映画も見落とす事がなくなるでしょう!


【4月12日(木)付最新ランキング ― 4月7日(土)公開映画】


1位:ブラッド・ダイヤモンド→89.6点
2位:プロジェクトBB→85.3点
3位:ふるさと-JAPAN→84.9点
4位:キディ・グレイド-イグニッション-覚醒篇→84.4点
5位:オール・ザ・キングスメン→81.9点
6位:ママの遺したラヴソング→80点
7位:大帝の剣→79.1点
8位:13 ザメッティ→77.9点
9位:キャラウェイ→77.8点



ぴあ満足度ランキング1位に輝いた作品は、本年度アカデミー賞に5部門にノミネートされたレオナルド・ディカプリオ主演の『ブラッド・ダイヤモンド』です。監督は『ラスト サムライ』のエドワード・ズウィック。最低点数をつけた人でも60点で平均が約90点なのでかなりの満足度の映画ですね。




「自由」「家族」「真実」-彼らはダイヤにそれぞれ違う輝きを見た。


この映画はアフリカの1991年に始まったシエラレオネ内戦を描くことで、ダイアモンド産業が内戦の資金源となり、貧困と暴力を招く要因となっていることを訴えた映画ですが日本ではあまり知られていないので、どういう内戦なので少し予備知識があった方良いかと思います。


【血塗られたダイヤモンド】


タイトルの『ブラッド・ダイヤモンド』は直訳すると『血塗られたダイヤモンド』という意味です。この紛争で370万人以上が死亡したと言われています。紛争中、ダイヤモンドの違法取引によって生じた数十億ドルに上る利益は、軍指導者や武装勢力が武器を購入する費用として使われており、さらに戦争が激化するにつれ子ども兵士(約3万人)の徴集と使用が深刻化したのです。


多くの子どもたちが、教室や国内外の難民キャンプや路上から誘拐され、逃げようとすれば殺されるか拷問を受けます。村に戻れなくするために、あえて出身の村を襲わせ村人を殺させることもありました。しかしこの問題は現在も進んでおらず2006年6月までに、1万9000人の子どもしかまだ武装解除できていないというのです。

BD2





少し残酷で重たい題材ですが、映画は感動のエンターティンメントとして描かれているみたいですので興味のある方は是非、劇場でこの素晴らしい映画を体験してみてください。ただ残虐シーンも含まれていますので苦手な方は体調の為にも辞めておいた方がよさそうです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://riribaby2.blog88.fc2.com/tb.php/74-85137095
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

riribaby

Author:riribaby
1961年大阪生まれ。映画あずみ・スカイハイの北村龍平を輩出した第1回インディーズムービーフェスティバルを立上げる。又、故淀川長治さんとジョイントセミナーを実施し話題に。

人気ブログランキング

応援クリックお願いします! B




最新映画NEWS
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー
月別アーカイブ
お得な情報

TB

リンク
スポンサード リンク

ブログ全記事表示
検索フォーム

■タイトルを入れるとブログ内検索が出来ます。

邦画レビュー
洋画レビュー
TVドラマレビュー
記事
ぴあ満足度ランキング1位
全米興行収入1位
韓国・香港映画レビュー
放映中のテレビ番組

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。