もう騙されない!映画・TVドラマを100%満喫する鑑賞法

メーカーのうたい文句に騙されないための映画・TVドラマの鑑賞法や業界情報から業界仕掛人まで、さまざまな切り口でエンタメ情報を紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジャヴ-ジェリー・ブラッカイマー最新作

公開2日目の日曜日の新宿の映画館で立見を覚悟で行ったらガラガラだったので、思わず劇場を間違えたんじゃないかと目を疑った程でした。制作は、「パイレーツ・オブ・カリビアン」などを手がけたヒットメーカーのジェリー・ブラッカイマーに監督は「トップガン」「ビバリーヒルズ・コップ2」のトニー・スコットですよ!

DV2


原因は配給会社の宣伝意欲がなかった事。配給会社は「パイレーツ・オブ・カリビアン」「ナルニア国物語」のメジャー大手のブエナビスタインターナショナル・ジャパン。





メジャー会社の場合は、わざわざ買付けにいかなくても海外で公開した映画を日本支社が公開するわけですが、当たらない映画に数億という宣伝費をかける事が出来ない。つまり最初から、この映画を日本で当てるのは難しいと読んでいたのでしょう!なんで新庄が出てきて「私はジェリー・ブラッカイマーを応援します」という宣伝になってしまうのか?   

DV1



だから「デジャヴ」というタイトルもそのままで、これが良くない!これも変更する事をアメリカ本社から許されなかったのでしょう!つまり、劇場公開し少しでも知名度を上げてDVDのセル売上やレンタル収入で儲けようと考えたんだと思いますよ!


映画は、4日と6時間前の出来事をモニターに映せる特殊監視システムで過去を目撃することが一度だけ出来、さらにアングルも自由自在に変えられる装置を使って犯人を割り出す発想は面白い。さらにアクションありSFありサスペンスに加え、デンゼル・ワシントンの演技も旨いし映像は見所たくさんです。


でも、

ヒット要素を何でも詰め込んだらいいものではないでしょう!


だから途中、中だるみがしたり前半と後半との展開も違う。たくさんの人に満足させようとしたんでしょうね。ジェリー・ブラッカイマーとトニー・スコットの二人が揃ってこの映画ではアメリカ映画もかなり危機ですね。


◎デジャヴ公式HP

スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://riribaby2.blog88.fc2.com/tb.php/62-c8236a7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

riribaby

Author:riribaby
1961年大阪生まれ。映画あずみ・スカイハイの北村龍平を輩出した第1回インディーズムービーフェスティバルを立上げる。又、故淀川長治さんとジョイントセミナーを実施し話題に。

人気ブログランキング

応援クリックお願いします! B




最新映画NEWS
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー
月別アーカイブ
お得な情報

TB

リンク
スポンサード リンク

ブログ全記事表示
検索フォーム

■タイトルを入れるとブログ内検索が出来ます。

邦画レビュー
洋画レビュー
TVドラマレビュー
記事
ぴあ満足度ランキング1位
全米興行収入1位
韓国・香港映画レビュー
放映中のテレビ番組

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。