もう騙されない!映画・TVドラマを100%満喫する鑑賞法

メーカーのうたい文句に騙されないための映画・TVドラマの鑑賞法や業界情報から業界仕掛人まで、さまざまな切り口でエンタメ情報を紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓流映画いまや「寒流」

今日の日経新聞の記事にこういう見出しが・・・

韓流映画いまや「寒流」

韓国映画の海外輸出額が3分の1に急減したそうです。


・2005年→7599万ドル
・2006年→2451万ドル


特に韓流ブームの陰りが指摘される日本向けの輸出が82%減と落ち込みが激しく、韓国メディアは「韓流映画、海外で寒流」と報じられているそうです。


輸出本数を比べてみると、大差はなく1本当りの輸出価格が下がったというように言われています。


・2005年→202作品(1本単価:37万6000ドル)
・2006年→208作品(1本単価:11万7000ドル)


さらに、韓国映画振興委員会は日本での興行失敗についてこのように言っているそうです。


①韓流スターに依存したチケット売上の期待
②両国の著作権への認識や取引慣行の違いから生まれる対立
③日本市場での長期的な戦略の欠如


Hs






確かに、韓国映画振興委員会の言っている事は正しいと思います。韓国映画・韓国ドラマがブームだからと言って、作品の出来よりも、昔の作品でも韓流スターが出てるだけでメーカーが買い付けてくる体質が、顧客の信頼を損ねたように思います。

確かに、これだけ買い付ければ作品の質も落ちるわけで、安く買付ければ儲かるという、メーカーの体質に問題があったように思います。





スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://riribaby2.blog88.fc2.com/tb.php/31-e71bb519
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

riribaby

Author:riribaby
1961年大阪生まれ。映画あずみ・スカイハイの北村龍平を輩出した第1回インディーズムービーフェスティバルを立上げる。又、故淀川長治さんとジョイントセミナーを実施し話題に。

人気ブログランキング

応援クリックお願いします! B




最新映画NEWS
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー
月別アーカイブ
お得な情報

TB

リンク
スポンサード リンク

ブログ全記事表示
検索フォーム

■タイトルを入れるとブログ内検索が出来ます。

邦画レビュー
洋画レビュー
TVドラマレビュー
記事
ぴあ満足度ランキング1位
全米興行収入1位
韓国・香港映画レビュー
放映中のテレビ番組

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。