もう騙されない!映画・TVドラマを100%満喫する鑑賞法

メーカーのうたい文句に騙されないための映画・TVドラマの鑑賞法や業界情報から業界仕掛人まで、さまざまな切り口でエンタメ情報を紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『舞妓Haaaan!!!』世界各国からオファー殺到。

これだけの噂を聞いて、評判を聞けば黙っていられず、観てきました『舞妓Haaaan!!!』。みんながいいと言えば期待が膨らみ、期待度が自然と高くなり、観終わった後は、期待ハズレの作品が多いのですが、 『舞妓Haaaan!!!』は期待以上の作品で、これぞ日本を代表するエンターテインメント映画の最高傑作ではないでしょうか?

M1


本年度カンヌ映画際に出品された、松本人志監督の『大日本人』や北野武監督『監督・ばんざい』とは、申し訳ないがレベルが違います。カンヌ映画際は芸術性が高い映画が評価される傾向にある為、『舞妓Haaaan!!!』はカンヌ映画際には向かない作品ですが、外国人に日本のエンタメを理解してもらうには、『舞妓Haaaan!!!』を見せるべきですね。

M5


実はもう既に、世界の映画祭からもオファーが殺到中で、現在アメリカ、ドイツ、オーストラリア、香港、台湾など世界で10か国以上の映画祭から招待されているのです。


『プレステージ』のように予告編でいいシーンを予告編で、見せてしまうのは、その映画にそれ以上の売りがない証拠なのです。『舞妓Haaaan!!!』の予告編は、完全に阿部サダヲのバカさだけを表現していたので、それほど観たいと思う映画ではなかったのですが、実は予告編ではいいシーンは完全に封印してた訳なんですね。

◎『舞妓Haaaan!!!』予告編


笑いの中に、感動あり、涙あり、先が読めないテンポの良い展開にあっという間の120分。久しぶりのいい映画に2回も観てしまいました~。


京都で舞妓と言えば祇園が有名ですが、『舞妓Haaaan!!!』の舞台は夢川町です。夢川町?大阪に住んでいてもあまり聞いた事がない地名。調べてみると、夢川町は架空の名前でロケ地は金沢の主計町だったんですね。


舞妓遊びと言えば、いかがわしいイメージを想像する人も多い(特に外国人)ようですが極めて健全で、この映画を観るだけで舞妓に関する知識が楽しく学べるのも見所の一つです。


M3 M4
 

さすが宮藤官九郎の脚本に、阿部サダヲの天才演技に堤真一と柴咲コウが絡み、ワンシーンのみで登場する、北村 一輝、山田孝之、この映画が遺作となった植木等など本当に贅沢な映画です。DVDで見るより劇場で観客と一体となり大声で笑うのもストレス解消にいいかもしれないですよ。





・話題のジェットコースター・ムービー、一挙ダイジェスト収録
・出演者たちの現場でのコメント、インタビュー
・スタッフ陣の声/水田監督、脚本クドカン!
・主題歌<グループ魂に柴咲コウが>による「お・ま・え ローテンションガール」を紹介
・めまぐるしいほどのメイキング映像の数々!
・製作発表記者会見などの映像も(予定)

阿部サダヲ×堤真一×柴咲コウ出演、宮藤官九郎脚本で贈る舞妓をテーマにした前人未到のエンターテイメント「舞妓Haaaan!!!」のナビゲートDVD。テーマパーク式のメインメニュー、キャスト・スタッフ紹介、さらにはここまで見せちゃうのかよ映像に加え、話題の主題歌“グループ魂に柴崎コウが”による「お・ま・え ローテンションガール」情報など盛り沢山の内容!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://riribaby2.blog88.fc2.com/tb.php/111-cf552703
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

riribaby

Author:riribaby
1961年大阪生まれ。映画あずみ・スカイハイの北村龍平を輩出した第1回インディーズムービーフェスティバルを立上げる。又、故淀川長治さんとジョイントセミナーを実施し話題に。

人気ブログランキング

応援クリックお願いします! B




最新映画NEWS
カレンダー

01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー
月別アーカイブ
お得な情報

TB

リンク
スポンサード リンク

ブログ全記事表示
検索フォーム

■タイトルを入れるとブログ内検索が出来ます。

邦画レビュー
洋画レビュー
TVドラマレビュー
記事
ぴあ満足度ランキング1位
全米興行収入1位
韓国・香港映画レビュー
放映中のテレビ番組

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。