もう騙されない!映画・TVドラマを100%満喫する鑑賞法

メーカーのうたい文句に騙されないための映画・TVドラマの鑑賞法や業界情報から業界仕掛人まで、さまざまな切り口でエンタメ情報を紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今、全米で一番ヒットしている映画 『Paul Blart: Mall Cop』

昨年、全米で一番ヒットした映画はすぐに言えますか?
答えを聞くと、あ!そうか。となるのですが、でもなかなか思い出せない。
それは「ダーク・ナイト」です。

では2009年度に入って、いきなり爆発的なヒットを飛ばしている映画があるのです。
そのタイトルは・・・

「Paul Blart: Mall Cop」

MALL COPとは、ショッピングモールで働いてる警官の事です。

まだ日本公開は決まっていますが、6週間で122億円を稼いでいます。
年間で200億円いく映画は年間で10本ぐらいですので、200億を超える勢いです。 Ranking

1


ケビン・ジェームズ主演のファミリー向けコメディー。
あまり日本では有名ではありませんが、『最後の恋のはじめ方』や『チャックとラリー おかしな偽装結婚!?』などで知られるコメディ俳優で、今回が初主演映画なのです。

映画のお話は・・・

ショッピングモールで働いてる警官ポールは、血糖値が下がると意識を失う体質のせいで、警官になる夢を断念し、ショッピングモールでの警備員をやっているのです。しかしある夜、モールに犯罪グループが入り込み占拠されてしまい、数人が人質に捕らわれる。そしてポールはこの犯人グループに立ち向かうというお話。




結構、アメリカの笑いと日本の笑いと違う部分があると言われますが、翻訳して字幕を出すと、どうしても文字を省略さざる負えない。英語が理解出来直接聞けると笑えるかもしれないので、吹き替えで見ると面白いかもしれないですね。でも、予告編だけでも結構笑えました。

いずれにせよ、現時点では日本公開は決まっていませんが、ケビン・ジェームズ出演のDVDを観てチェックをしてみるのも良いでしょう!



Ranking
スポンサーサイト

第81回アカデミー賞決定!「おくりびと」外国語映画賞受賞

『スラムドッグ$ミリオネア』最多8部門受賞! Ranking

作品賞ノミネート作品は、「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」、「フロスト×ニクソン」、「ミルク」、「愛を読むひと」、「スラムドッグ$ミリオネア」の5作品の中から「スラムドッグ$ミリオネア」が8部門で圧勝!

夫婦で主演男優賞、主演女優賞の受賞かと注目を浴びていた、「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」ブラットピットと「チェンジリング」のアンジェリーナ・ジョリーでしたが二人とも受賞は出来ませんでした。

助演男優賞は「ダークナイト」でバットマンの宿敵ジョーカーを演じた ヒース・レジャー。
しかし、「ダークナイト」の撮影終了後の亡くなったのです。故人が受賞するのは77年に「ネットワーク」で主演男優賞を受賞したピーター・フィンチさん以来32年ぶりになるそうです。

やはりなんと言っても日本アカデミー賞を独占した「おくりびと」が外国語映画賞を受賞した事は日本映画界にとってもうれしいことです。さらにアニメーションの短編賞でも日本の「つみきのいえ」が受賞したのも大きな話題をさらいました。


【スラムドッグ$ミリオネア】


インドのスラム街で育った孤児のジャマール(イルファン・カーン)は、世界的な人気番組「クイズ$ミリオネア」で、あと一問で全問正解という状況にいた。だが、無学の少年が答えられるはずないと、司会者には疑われ、賞金の支払いを渋るTV番組会社の差し金で警察に連行され、尋問を受けることになる。一体なぜ、ジャマールは100ドル札に印刷された大統領の名前や、ピストルの発明者を知り得たのか…? 警察の尋問、クイズが続く番組、そして彼の子供時代の記憶を行き来しながら、貧富の差が混在するインドを生き抜いた少年の人生を描いた、「トレインスポッティング」のダニー・ボイル監督。





【作品賞】 スラムドッグ$ミリオネア
【監督賞】 ダニー・ボイル(スラムドッグ$ミリオネア)
【主演男優賞】 ショーン・ペン(ミルク)
【主演女優賞】 ケイト・ウィンスレット(愛を読むひと)
【助演男優賞】 ヒース・レジャー(ダークナイト)
【助演女優賞】 ペネロペ・クルス(それでも恋するバルセロナ)
【脚本賞】 ミルク
【脚色賞】 スラムドッグ$ミリオネア
【撮影賞 】スラムドッグ$ミリオネア
【編集賞】 スラムドッグ$ミリオネア
【美術賞】 ベンジャミン・バトン 数奇な人生
【衣装デザイン賞】 ある公爵夫人の生涯
【メイキャップ賞】 ベンジャミン・バトン 数奇な人生
【視覚効果賞】 ベンジャミン・バトン 数奇な人生
【録音賞 】スラムドッグ$ミリオネア
【音響効果賞】 ダークナイト
【作曲賞】 スラムドッグ$ミリオネア
【主題歌賞】 「Jai Ho」(スラムドッグ$ミリオネア)
【アニメーション映画賞】 WALL・E/ウォーリー
【外国語映画賞】 おくりびと(日本)【ドキュメンタリー映画賞(長編)】 Man on Wire
【ドキュメンタリー映画賞(短編)】Smile Pinki
【短編賞(実写) 】Spielzeugland (Toyland)
【短編賞(アニメーション)】 つみきのいえ(日本)
【ジーン・ハーショルト友愛賞】 ジェリー・ルイス

Ranking

第32回日本アカデミー最優秀賞受賞者決定

第32回日本アカデミー最優秀賞受賞者 

今日、本年度の日本アカデミー賞の発表がありました。
私が以前に「おくりびと」を観て、今年はアカデミー賞を独占するのではないかとブログに書きましたが、10部門で獲得しました。 Ranking

おくりびとの記事


今年の日本アカデミー賞は例年になく、いい作品が揃っていたと思います。
作品賞では、「おくりびと」が獲りましたが、ノミネート作品でも「母べえ」「クライマーズ・ハイ」「容疑者Xの献身」「ザ・マジックアワー」とレベルの高い作品が揃っていました。

私が一番、嬉しかったのは、最優秀主演女優賞で「ぐるりのこと」で映画初主演の木村多江が獲得した事です。ここは結構、一番激戦区。他にノミネートされていたのは、「私は貝になりたい」の仲間 由紀恵、「母べえ」「まぼろしの邪馬台国 YAMATAIKOKU」の2部門でノミネートされた吉永小百合、「おくりびと」の広末涼子。

日本映画として「ぐるりのこと」は、子供を亡くし、うつ病と戦う女性を描いたいい映画なので、何か賞を獲ってほしかったので、強豪を抑えて1つ獲れたので良かったと思います。




【最優秀作品賞】『おくりびと』
【最優秀監督賞】滝田洋二郎『おくりびと』

【最優秀主演男優賞】本木雅弘『おくりびと』
【最優秀主演女優賞】木村多江『ぐるりのこと』
【最優秀助演男優賞】山崎努『おくりびと』
【最優秀助演女優賞】余貴美子『おくりびと』
【最優秀アニメーション作品賞】『崖の上のポニョ』
【最優秀外国作品賞】『ダークナイト』

【話題賞・俳優部門】松山ケンイチ『デトロイト・メタル・シティ』
【話題賞・作品部門】『容疑者Xの献身』

【最優秀脚本賞】小山薫堂『おくりびと』
【美術賞】桑島十和子『パコと魔法の絵本』
【最優秀撮影賞】浜田毅『おくりびと』
【照明賞】高屋齊『おくりびと』
【録音賞】尾崎聡、小野寺修『おくりびと』
【編集賞】川島章正『おくりびと』
【音楽賞】久石譲『崖の上のポニョ』


「おくりびと」はアメリカのアカデミー賞で外国映画賞でノミネートもされているので、是非こちらも獲ってほしいと思います。

 

Ranking

K-20(TWENTY)怪人二十面相・伝

2008年12月19日公開された映画だけど、まだロングランヒットを続けている・・・

K-20(TWENTY)怪人二十面相・伝

公開時のぴあ満足度ランキングは1位で90.3点! Ranking


正月に帰郷した際に、母が「おくりびと」を観たかったので近所のシネコンに行ってみると公開が終わっていたので、せっかくだからという事でこの映画を観ました。

宣伝がイマイチだったので、あまり期待はしていなかったが、これが最高に面白い。
137分という長時間もあっという間で、ストーリー、キャスティング、セットも凄く日本映画離れした言っても過言ではないでしょう。



久しぶりに世界に通じる映画を見た気分でした。

やはり、なんと言っても金城武抜きではここまでの大作感はでなかったでしょうが、松たか子はやはりコメディー役がぴったり。

最後まで怪人20面相は誰か?
この謎解きも面白い。

最後のどんでん返しがこの映画を最高に盛り上げてくれました。

72歳の母も「正月からドキドキした映画を観て面白かった」と満足!
大人から子供まで楽しめる映画です。

女性監督がこんな映画を撮れるなんて日本映画も捨てたもんじゃないですね。



Ranking

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで

1月24日公開の『タイタニック』コンビが挑む“大人の愛の物語”を観てきました。
この週の公開されたぴあ満足度ランキング1位は、松山千春の半生を描いた「旅立ち~足寄より~」が88.2点で1位でした。

この映画のぴあ満足度ランキングは9位中、8位で76.6点でした。 Ranking


レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで

この映画の満足度が低いのはわかるような気がします。

その前にこの映画の簡単なストーリーを紹介しますと・・・

ある夫婦の夢や葛藤を描いた人間ドラマ、郊外の閑静な住宅街に暮らし、子供にも恵まれた理想の夫婦フランクとエイプリル。しかし、2人はマンネリ化する日々に不満を募らせて、次第に溝を深めていく話。



主演はタイタニックのレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが11年ぶりの共演。
レボリューショナリー・ロードとは二人が住んでいる家の近くにある道路の名前。
時代は1950年のコネチカットですが、時代の古さは全く感じなにので普通の現代劇としてみることが出来るのでほとんど気になりません。

この映画は夫婦のどちらかに感情移入が出来ないと、どこにでもある夫婦の喧嘩や仲直りを描いた作品を見てる事で終わるのですが、反対に感情移入が出来ると、一言一言に重みを感じます。

夢を追い求めて新たな生活を送るのか?
それとも現状の生活を維持するのか?


二人が下した判断は?

やはり結婚して4年目あたりの夫婦が見ると何か感じとる事が出来ると思います。
劇場を出た後は、考えさせられる部分がかなり多く、私はぐっときました。 Ranking





マンマ・ミーア! ぴあ満足度ランキング1位

 
1月30日(金)、1月31日(土)公開映画のぴあ満足度ランキング1位は

マンマ・ミーア! 91.1点


TVで結構CMが入っていますよね。
そんな影響もあり2月1日(日)映画の日に劇場に行くと最終回まで満席。

仕方がないので歌舞伎町内の映画館だと、前方が開いているという事でしたが中に入ってみると後方でも空いていたので言い場所で観る事が出来ました。

ABBAの大ヒット・ナンバー22曲で構成されたロングラン・ミュージカルの映画化。ギリシャの美しい孤島を舞台に、20歳のヒロインの結婚式前日から当日までの24時間が描かれる。

実父に会いたい、という花嫁の切実な思いから巻き起こる騒動が軽やかに展開されるミュージカル。
名優メリル・ストリープと007のジェームスボンドのピアース・ブロスナン。


ストーリーは単純なので、感動するとか、思い出に残る映画ではありませんが、暗い世の中だから、明るい映画を観て気分転換にはいい映画です。
おなじみのアバのヒット曲に合わせて、歌や踊りが展開されます。本当に歌の歌詞とストーリーが見事に合っているのには驚きました。

アバの曲を知らない方は面白くないですが知っていれば満足するのではないでしょうか?
悪く評価をする理由が見当たりません。

私のこの映画の点数は→80点




でも、私がこの映画の宣伝マンだったらここまでお金をかけて宣伝する勇気はありません。
ただ口コミで広がる映画ではないので、CMで観客を集めるしかなかったのではないでしょうか?

帰ってオークションでアバのCDを買おうと思ったら、やっぱり結構売れていました。

  

Ranking

プロフィール

riribaby

Author:riribaby
1961年大阪生まれ。映画あずみ・スカイハイの北村龍平を輩出した第1回インディーズムービーフェスティバルを立上げる。又、故淀川長治さんとジョイントセミナーを実施し話題に。

人気ブログランキング

応援クリックお願いします! B




最新映画NEWS
カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

カテゴリー
月別アーカイブ
お得な情報

TB

リンク
スポンサード リンク

ブログ全記事表示
検索フォーム

■タイトルを入れるとブログ内検索が出来ます。

邦画レビュー
洋画レビュー
TVドラマレビュー
記事
ぴあ満足度ランキング1位
全米興行収入1位
韓国・香港映画レビュー
放映中のテレビ番組

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。