もう騙されない!映画・TVドラマを100%満喫する鑑賞法

メーカーのうたい文句に騙されないための映画・TVドラマの鑑賞法や業界情報から業界仕掛人まで、さまざまな切り口でエンタメ情報を紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TVドラマ2008年第1クール視聴率決定

2008年度、第1クールのTVドラマが終了致しました。

◎人気ドラマランキング


視聴率1位はブログでも書きました香取慎吾、竹内結子主演、野島ワールド炸裂の月9ドラマ

『薔薇のない花屋』




平均視聴率は18.76%と大台の20%には、届きませんでしたが初回と最終回は22%の視聴率をたたき出しました。

◎薔薇のない花屋



視聴率2位は、観月ありさ、ミムラ、高島礼子の3人の演技が光った

『斉藤さん』





途中、視聴率が12.5%まで落ちた時もありましたが、最終回で19.6%の視聴率を上げ平均視聴率は15.6%でした。決して高い視聴率ではありませんでしたが、ダメなものはダメと正義を貫く観月ありさ演じる勇気ある斉藤さんの行動には、ブラウン管を通してでも拍手を送りたくなった方も多いと思います。


番組前の期待度が高かった稲垣吾郎、小雪主演の

『佐々木夫妻の仁義なき戦い』


佐々木夫妻

初回こそ、17.3%と『薔薇のない花屋』に続く2位発進でしたが、回を追う毎に失速し平均視聴率は11.07%とかなりの落ち込みで6位に終わりました。

低迷の原因は、毎回のように喧嘩をし、ラストには仲直り・・・
これの繰り返しがワンパターン化してしまった事。

西村雅彦、藤田まことという名俳優が出演しているにも関わらず、脇役の個性をうまく発揮できず、稲垣吾郎、小雪中心にストーリーが進んでいった事です。

最近のドラマの傾向として、主人公だけでなく、脇役もうまく使いドラマ全体を作り上げていく手法が高視聴率を上げている中、逆行していたのが敗北となってしまったと個人的に思います。


そして今回のダークホースだった作品が香里奈、平岡祐太主演の

『だいすき!! 』

だいすき
知的障害がある23歳の女性・柚子が、周囲の反対を押し切って妊娠、出産、子育てに挑戦する感動物語で毎回泣けるという事で、視聴率が少しづつ上昇したいった作品だったのです。


木曜日の10時枠はフジTVが力を入れている番組帯。
その裏番組でTBS放映のドラマが、フジの『鹿男あをによし』の視聴率を抜き大健闘し香里奈が株を上げた作品となりました。




玉木宏、綾瀬はるか主演の『鹿男あをによし』は今までにない奈良を舞台としたサスペンスコメディ。
面白かったのですが、平均視聴率は10.1%と低迷、わずかながら『だいすき!!』が11.4%で勝ったわけです。


私も『鹿男あをによし』の方を見ていたので『だいすき!!』は見ていませんでした。


【2008年度第一クール視聴率一覧】


TVドラマ視聴率





◎人気ドラマランキング


スポンサーサイト

薔薇のない花屋



『薔薇のない花屋』

今日、最終回でした。
番組始まる前の当初の期待度は4番目でした。

◎人気映画ランキング

薔薇
しかし、最後まで次が早く見たいと思わせてくれる唯一の作品でダントツのNO1でした。


見る度に深まる謎
次から次へと降りかかる苦難
溢れ出る涙



まさに、期待どうりの野島ワールド炸裂のドラマです。


作家の中谷彰宏さんが言っていました。



『人に得(幸せ)を与えると、最後には

自分に返ってくる』


まさに、このドラマのテーマかも知れません。

このドラマを見る度に人にやさしくしよう。
人を恨んだり、憎んだりする事をやめようと思う。


出演者全員の演技も最高で、エンディングの山下達郎さんが歌う
『ずっと一緒さ』は音楽史上に残る名曲となりました。


【出演】香取 慎吾 ・竹内 結子 ・釈 由美子 ・松田 翔太 ・本仮屋ユイカ ・八木優希(子役)・ 尾藤イサオ・寺島 進 ・池内 淳子 ・三浦 友和



ザ・テレビジョンが行っているTVドラマアカデミー作品賞はじめ、ほとんどの賞がこのドラマが受賞する事は間違いなしでしょう!


今回、見逃した方はDVD発売時には是非、見てほしい作品です。
そして、今の時期こそもう一度、野島伸司ワールドに触れてみてはいかがでしょうか?

   


◎人気映画ランキング

激安チケットの謎?ライラの冒険~黄金の羅針盤~ 

なにかと話題の

『ライラの冒険~黄金の羅針盤~』

関係者からチケットをもらいました。


◎人気映画ランキング


ライラの冒険




その関係者は、チケットを100枚束を持っていたのです。
何故、そんなにチケットを持ってるの?
そう思う方も多いでしょう!

それは、配給をしているGAGAやUSENからお付き合いでチケットを買わされる
んです。チケットをお取引先に購入してもらうと、その時点で売上げ計上が出来るのです。


良く昔は、日本の映画会社が昔から良くやっている悪い風習です。
映画の興行収入はチケットの売上で発表されるので、関係者にチケットを買ってもらい
映画館に観客が入っていなくても興行成績がいいと発表するわけです。



お付き合いで買わされた会社は、接待交際費で会計上計上しチケットを配るのですが
そんなにも配れるわけがないのです。


金券
【備考】新宿西口の大ガード交差点にはたくさんの金券ショップがありますので、ここで買うと掘り出しものがありますので、私はここでよく買っています。




だから、余っても仕方がないので、
ディスカウントチケット屋に安くてもいいので売りに行くわけです。



ディスカウントチケット屋にも、そんなに多くのチケットをさばけないので、800円とかで
売るわけです。売れ残ると損するわけですからね。


安くディスカウントチケット屋で出回っているチケットがあれば、それは裏にはそのような
理由がある訳です。


◎人気映画ランキング


チーム・バチスタの栄光

ぴあ満足度ランキングで、平均得点83.1点で2位だった

『チーム・バチスタの栄光』

をやっと見てきました。


◎人気映画ランキング


チーム・バチスタの栄光
原作は230万部のベストセラー、ご存知のように『このミステリーがすごい!』大賞は選考委員の満場一致、しかも選考会開始後数秒で受賞が決まった作品で公開前から話題になっていました。


私は原作は読んではいないのですが、やはり阿倍寛と竹内結子の2人が共演してるだけで見たかった映画です。阿倍寛は、期待どうり『ドラゴン桜』で演じた役柄で、画面に出ているだけで存在感があり、ひとつひとつのしぐさに笑わせてくれます。

竹内結子は『薔薇のない花屋』で月9のヒロインとして人気急上昇中!
TVに合わせた公開とタイミングはグーですね。

阿倍寛と竹内結子は以前にTVドラマ『笑顔の法則』で一度、共演しているので息もぴったりです。


さて、私はバチスタ手術をテーマとして大ヒットした坂口憲二主演の『医龍』
このドラマが大スキなんですね。

『医龍2』はオリジナルストーリーとして、前作を上回る内容だったので、かなり期待していたのですが、バチスタ手術シーンははるかにTVドラマの方が上です。

 



『医龍』と比較して映画を観るつもりはもっとうないのですが・・・
チーム・バチスタという名前がついている以上、もう少しチームの各役者の個性が伝わってこなく描き方が弱いですね。


その分、このチームが凄いチームなんだ!
という事が弱い分、画面から緊迫感が伝わってこないのです。


おそらく、映画よりTVドラマ化した方が面白作品になると思います。


◎人気映画ランキング


大ピンチ!ライラの冒険 黄金の羅針盤

GAGA/USENが社運を賭けて配給した

『ライラの冒険 黄金の羅針盤』

がピンチをむかえております。

L








◎人気映画ランキング


前回の記事でも紹介しましたが、アカデミー作品賞を受賞した『ロード・オブ・サ・リング』シリーズを制作したアメリカのインデーズ制作会社のニューラインが、同じくらいのヒットを狙った作品で制作費250億円をかけて作った作品です。


●ライラの冒険 黄金の羅針盤の前回の記事


全国667スクリーンの上映。日本では初日の観客動員数が『ロード・オブ・ザ・リング』の22万人を越えて、映画の日や宣伝費20億円をかけたという事もあってか、70万人を記録し興行収入は8億円を超えました。


これは、よく配給会社のGAGAさん頑張りましたね。


でも問題は観客の評価があまりにも良くないという事です。


3月1日(土)公開映画のぴあ満足度ランキングでは12作品中7位、平均得点が83.5点とかなり低い数値になってしまいました。勿論、観た方は口コミ、ブログ等で評価を書くわけですから悪評が流れると今後の興行成績に大きく響くという事になるわけです。


アメリカでも興行収入は公開13週目で$70,083,519(72億円)ですから目標200億円に対してかなり悪いです。


簡単に概算収支を試算してみると・・・


◆興行収入見込→40億円と過程すると

●売上→40億円

◆映画買付け金額→25億円
◆宣伝費→20億円
◆劇場で流すフィルム代→3000万
◆吹き替え制作費→1000万
◆映画館に支払お金→16億円

●経費→61.4億円

●収支→▲21.4億円


仮に40億の興行収入で映画館だけで▲21.4億円の赤字。
これを後、DVDの販売、レンタル、TV放映権などでまかなうわけですが、かなり回収は厳しいです。
逆算すれば、興行収入が60億いけば、利益が出る計算になりますが果たしてどうでしょうか?


さらに、この作品は3部作です。
勿論1部が失敗に終われば、2部、3部と興行成績は悪くなる一方ですので赤字が膨らむわけなのです。

でも、GAGAは過去にジム・キャリー主演の『マスク』を日本で大ヒットさせ、現在も動物の生態を描いたドキュメンタリー映画の記録を作った『アース』も興行成績25億円と大ヒット中なので、映画業界の発展のためにも頑張ってほしいです。


皮肉にも、『ライラの冒険 黄金の羅針盤』よりも『アース』の方が興行成績が高かったという事になったりして・・・




◎人気映画ランキング

プロフィール

riribaby

Author:riribaby
1961年大阪生まれ。映画あずみ・スカイハイの北村龍平を輩出した第1回インディーズムービーフェスティバルを立上げる。又、故淀川長治さんとジョイントセミナーを実施し話題に。

人気ブログランキング

応援クリックお願いします! B




最新映画NEWS
カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー
月別アーカイブ
お得な情報

TB

リンク
スポンサード リンク

ブログ全記事表示
検索フォーム

■タイトルを入れるとブログ内検索が出来ます。

邦画レビュー
洋画レビュー
TVドラマレビュー
記事
ぴあ満足度ランキング1位
全米興行収入1位
韓国・香港映画レビュー
放映中のテレビ番組

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。