もう騙されない!映画・TVドラマを100%満喫する鑑賞法

メーカーのうたい文句に騙されないための映画・TVドラマの鑑賞法や業界情報から業界仕掛人まで、さまざまな切り口でエンタメ情報を紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1位『ミッドナイトイーグル』 ぴあ満足度ランキング 11月23日(金)・24日(土)公開映画 







11月23日(金)・24日(土)公開映画で
ぴあ満足度ランキング1位に輝いた作品は・・・

『ミッドナイトイーグル』 

→87点



◎もっとランキングを見る



M
公開前からかなりの力を入れて宣伝していましたね。

実はこの作品
日本だけではありません!

ニューヨーク、サンフランシスコの各劇場でも同時公開。
さらに12月7日からはロサンゼルスに新設される劇場のこけら落とし作品として公開されることも決定しているそうです。

日本映画が米国で同日公開されるのは実は初めてなのです。


日米同時公開なんて、知らなかったです。


そんな訳で、23日-25日3日間の全米公開時の興行収入を調べてみました。公開映画館数は2館で2,543ドル(日本円で28万円)評価もDランクと全米ではあまり話題になっていないようです。


ぴあ満足度ランキングでも87点と1位にしてはかなり低く、『ホワイトアウト』のように原作は凄いのですが映画は最悪でなければいいのですが・・・お正月も公開ですからコケルもわけにはいかないですね。


【物語】


米軍のステルス型戦略爆撃機、通称ミッドナイト・イーグルが北アルプス山中で姿を消した。
搭載されていた特殊爆弾がもしも爆発したら、日本国民は未曾有の危機に陥ることになる……。
さまざまな形でこの史上最悪の事件にかかわった人々のドラマを壮大なスケールで描くエンタテインメント大作。

  



やはり映画の影響は凄いですね。登場するミリタリーメカをTMWのこだわりの再現力で精密立体化したミリタリーモデルが売切れ続出中みたいです。


◎映画ランキング


スポンサーサイト

1位『魔法にかけられて』 全米映画興行収入 BOX OFFICE November 23–25, 2007




2007年11月23日~25日
全米公開映画で興行収入1位の作品は

『魔法にかけられて』


◎映画ランキング


E1
この3連休はアメリカではブラックフライデーと呼ばれていて、
一年でもっともお得なセールが行われる日の公開でした。


興行収入は3日間で35,332,000ドル(日本円で38億円)。
『目覚ましテレビ』でも紹介され、以前から話題になっていた映画です。




ストーリーはいたって簡単


E2
アニメの中のお姫様が、王子様と一瞬で恋に落ちるんです。
その王子様の意地悪な継母によって、お姫様は現代・ニューヨークへと送り出されてしまう・・・



アニメーションの世界と実写の世界を融合した映画。


さらに、ディズニーお得意のミュージカルシーンやディズニーの
パロディも満載で久しぶりにディズニーらしい作品の登場。


日本での公開は2008年の3月14日です。


◎映画ランキング


E3

これは、映画の中でお姫様役のアン ハサウェイが実際に使用し
恋人が魔法にかけられ本に変身させられずっと持っていた物です。

先日、Yahooオークションで出品され32,500円で落札されていました。
公開時に合わせて出品していれば倍以上の価格になったかもしれないですね。

◎映画ランキング

『バブルへGO タイムマシンはドラム式』 阿部寛主演




阿部寛の結婚宣言があったばかりでついつい手が伸びて借りた作品は


『バブルへGO タイムマシンはドラム式』


◎映画ランキング



B
今、アメリカのサブプライム問題でアメリカ景気が減速しドル安の影響で日本の株価の急落。世界中に影響をもたらしていますよね。

マスコミはTVや新聞でひつこく煽りたて株の売却を誘っているような感もあります。

アメリカの土地バブルは2年前から銀行の担当者から聞かされていたのですが、ここまで飛び火が大きくなるとは予想外でした。


日本も1990年にそういう時代があった訳です。


日本の財政赤字が今、いくらかご存知ですか?
約1097兆円です。国民一人当たり859万円になるのです。
こちらのサイトでリアルタイムに財政赤字が表示されています。

◎リアルタイム財政赤字カウンター





この映画は、多額な借金をかかえ破綻の危機に直面した日本を
救う為にタイムマシンに乗ってバブル崩壊を止めにいくという
コメディー映画です。


見所は、バブル崩壊前の東京を舞台に当時のファッション・文化・風情を満載!
日本の姿が面白く描かれています。


タクシーを呼び止めるときに一万円札を振りかざし、ウォーター
フロントの船上大学パーティでの200万円争奪ビンゴ大会。


でもこの時代には、携帯電話が普及していなかったり、誰も髪を染
めていなかったことなど・・・

今から考えれば、そのギャップがおかしいのです。

貴方も、一緒にバブルへGO!







製作:亀山千広
原作:ホイチョイ・プロダクションズ 
脚本:君塚良一 
監督:馬場康夫 
出演:阿部寛/広末涼子/薬師丸ひろ子/吹石一恵
収録時間 116分


◎映画ランキング

『かもめ食堂』は癒しの映画です。

以前から私のまわりでは話題になっていたのですが、ようやくDVDで見る事が出来ました。

『かもめ食堂』


◎映画ランキング


KM

今までにない日本映画の形です。

映画の舞台はフィンランドのヘルシンキです。
そこにおにぎりのお店、カモメ食堂を取り巻く人々を描いた作品で、セリフは数少なく、演技で見せてくれます。


時には、爆笑し・・
時には、涙を誘います。

ゆったりと時間が流れ静かに時間が過ぎていきます。

日本人が忘れ去った、優しさや思いやりがこの映画にはたくさんつまっています。

きっと疲れきった貴方を癒してくれるでしょう!

本当にいい映画に出会いました。
感謝です。
ありがとう。





◎かもめ食堂オフィシャルサイト





●シネスイッチ銀座ほか全国100館にて公開、興収5億円の大ヒット作!
●原作は、大人の女性に人気の群ようこが書き下ろし
●監督、脚本は、『バーバー吉野』で'03年ベルリン国際映画祭児童映画部門特別賞を受けた荻上直子
●小林聡美、片桐はいり、もたいまさこの実力派女優に、フィンランドの名優マルック・ペルトラ(『過去のない男』)らの豪華共演


◎映画ランキング


『カルラのリスト』 1位 ぴあ満足度ランキング 11月10日(土)公開映画

先週11月10日(土)公開映画のぴあ満足度ランキング1位に輝いた作品は


『カルラのリスト』→90.3点


◎映画ランキング





この映画は、10月1日、日本が国際刑事裁判所(ICC)に加入するタイミングで緊急公開になったのです。


国際刑事裁判所(ICC)とは・・・


特定の民族や集団に危害を加える集団殺害や、紛争の起きている地域で拷問や虐殺を行った人など、戦争犯罪を犯した個人の責任を裁く裁判所で、歴史上初めてできる常設の国際法廷なのです。


例えば、個人が犯罪を起こせば、警察に捕まり、起訴され罰せられるのが当たり前ですが、世の中で戦争、紛争という名の下の非人道的犯罪は、今までは訴える方法も無く、起訴する国際裁判所もなかったわけです。


最近の例では、

『ミャンマーで銃殺されたジャーナリストの長井健司氏さん』


がその例です。

事件から1ヵ月が過ぎても外務省の成果は何もないに等しく、犠牲になるのはいつも一般市民で、誰もその責任をとろうとはしていません。こういった事件を裁くのが国際刑事裁判所なのです。そういう経緯もあり、緊急上映が決定したのです。





この映画は、戦争犯罪人を告発する国連検察官カルラ・デル・ポンテを追ったドキュメンタリーで緊張感あふれる国連裁判所の模様と、虐殺によって家族を失った者たちの声に真摯に耳を傾ける検察官カルラの姿を通して、戦争が残した深い傷が浮かび上がってきます。


実際に、このような問題は日本でも報道されている以外にも数多く各国で起こっています。国際刑事裁判所(ICC)に105番目の国として正式に日本が加入したのです。


国際法廷が戦争犯罪人を裁くだけではなく、戦争の抑止力になることを望みたいです。





◎映画ランキング

『Bee MoVie /ビームービー』1位 全米興行収入 BOX OFFICE November 9–11, 2007

2007年11月9日-11日の全米封切り映画で1位に輝いた映画は・・・


『Bee MoVie /ビームービー』→2600万ドル


◎映画ランキング



b
先々週初登場で、『アメリカンギャング』に1位を取られてしまったのですが、2週目にしてなんと1位に返り咲きました。

おなじみ、スピルバーグ率いるドリームワークス製作の新作アニメーション映画。声の出演は、ジェリー・サインフェルド、レネー・ゼルウィガーで日本公開は2008年1月です。


日本の名作アニメで『みつばちハッチ』がありましたが、このアニメを3Dで見たくなりました。







【物語】


バリー・B・ベンソンは、大学を卒業したばかりの血気盛んな蜂。ニュー・ハイブ・シティに住む蜂はみんなハネックス社で "蜜を集める仕事" に就くことに幻滅しているバリーは冒険を求めて巣箱を飛び出し、ニューヨーク市のフローリスト、ヴァネッサに助けられる。

人間と会話をしてはいけないという規則を破ったバリーはヴァネッサと友達になるが、人間がハチミツを大量に消費していることを知り、蜂から蜜を盗んでいる人間を訴えることにする。





◎映画ランキング


『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 1位ぴあ満足度ランキング 11月3日(土)公開映画





11月3日公開した映画でぴあ満足度ランキング1位に輝いた作品は・・


『ALWAYS 続・三丁目の夕日』→94.1点


◎映画ランキング



ALL
日本アカデミー賞の最優秀賞で、13部門の内12部門で最優秀賞を獲得し大きな話題となった作品の続編が、なんと満足度94.1点という高得点で堂々1位となりました。


当初は続編を作る予定もなかった訳ですが、監督が前作と同じメンバーが全員揃うなら・・という事で見事、この映画の為に1作目と同様に全員が集まって完成した映画です。


よく、前作がヒットするとお金儲けの為に続編を作るケースが多い中、そういう雑音を消す為に、映画に出てくる、三丁目の住宅、商店、街並みは街全体、隅々まで全てセットで再現されており、今はなきミゼット、家電、お店の商品はほとんどが、日本全国からかき集めた本物で、細部にまでこだわったそうです。


前作の興行収入32.3億円と日本映画にしては大ヒットですが、『踊る大走査線2』は180億円ですから、それに比べれば6分の1ですが客層の幅や宣伝量も違います。


個人的には日本映画も

興行記録より人々の記憶に残る映画をたくさん作ってほしいですね。


是非、前作を観てから劇場に足を運んでみて下さい。
私も、勿論みにいきます。







制作年度:2005
制作国:日本
出演:吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ/三浦友和/薬師丸ひろ子/須賀健太/小清水一揮/マギー/温水洋一/神戸浩/飯田基祐/小木茂光/益岡徹/小日向文世
監督:山崎貴
脚本:山崎貴/古沢良太
音楽:佐藤直紀
原作:西岸良平


◎映画ランキング




『アメリカン ギャングスター』 1位 全米興行収入 BOX OFFICE 2007年11月2日-4日





2007年11月2日-4日に全米で公開された映画で興行収入1位は・・・


『アメリカン ギャングスター』→4356万ドル


◎映画ランキング



AM1970年代にハーレムで最も強敵だった麻薬王として暗躍した人物をどのように逮捕したのかという事実に基づいたドラマで主演はデンゼル・ワシントンとラッセル・クロウ。


かなり前に聞いた事があるなあ・・
と思い調べてみたら、やっぱりこの作品でした。


実は2004年に製作に入ったと聞いていたのですが、当初この映画の監督の『トレーニング デイ 』『 キング・アーサー 』のアントワン・フークワだったのですが、途中でプロデューサーとの映画の創造的な意見の違いで降板したのです。



そして新たな監督を迎えてようやく映画が完成したのでした。新たな監督とは、なんと『ブレードランナー』『ハンニバル』のリドリー・スコット監督。


こういう事は映画撮影では度々あるんですね。
以前、私が観た映画でメルギブソン主演の『ペイ・バック』も途中で監督が交代になり、かなりひどい内容になっていたのを覚えています。


監督交代問題で撮影が遅れ、その分制作費もかさんでいるので興行が成功しないとかなり苦しいかもしれません。日本での公開も2008年正月第2弾と決まっていますが、お正月映画に選ばれなかった事は劇場側もかなり厳しい見方をしているかもしれませんね。


今ごろ・・・
ギャング映画が日本でうけるのか?






この映画のもうひとつの話題は音楽です。


超豪華キャストの共演、さらに、T.I.、コモンやRZAなどのアーティストも出演しているということで話題になっているのはもちろん、なんと、<Def Jam>のCEOにしてヒップホップ界の帝王ジェイ・Zが、この映画にインスピレーションを受け、ニュー・アルバムを制作、タイトルはそのまま『アメリカン・ギャングスター』として、国内では11月21日(水)にリリースが決定してます。





◎映画ランキング


『キングダム-見えざる敵-』





オールナイトで『バイオハザード3』を観ようと思ったのですが、まだ上映まで45分もあり、ちょうど時間が合った『キングダム-見えざる敵-』を鑑賞することに。

お酒もちょっぴり入っており、特に観たい映画ではなかったので眠たくなったらいつものように寝るだけです。館内は観客数は50人くらいでがらがら。


◎映画ランキング


K
少し難しそうで特に有名な俳優も出ていないので期待は全くなし。
しかし、冒頭からいきなり、市民を大勢巻き込んだ自爆テロのシーンから始まり、終わりはFBI捜査官4人対テロリストの街中での銃撃戦。



監督は『ヒート』で映画史上に残る白昼の銃撃戦を描いたマイケル・マンだけにラスト30分は手に汗を握るシーンの連続です。


タイトルのサブタイトルにもあるように見えざる敵。自爆テロなので見た目だけでは誰がテロかわからないのです。時には警察官であったり、子供だったりする訳です。


僕達はニュースからしか伝わらないテロ問題。テロから送りつけられてくる人質に取った一般市民の恐怖を描いた映像を良く見ますよね。あのシーンは本当にリアルに描かれています。


ラストのあの子供が語った一言・・・(秘)
この一言に全てが詰められています。
本当に怖い映画でした。


【予告編】→2分24秒




◎映画ランキング

『クローズZERO』 1位 ぴあ満足度ランキング 10月27日(土)公開映画





10月27日公開映画のぴあ満足度ランキング1位は

『クローズZERO』→91.3点


◎映画ランキング


K1 月刊少年チャンピオン誌において、8年間の長きに渡って人気を博し続け3200万部を売った90年代を代表する不良漫画が映画になって登場。ぴあ満足度ランキングで91.3点と高得点を獲得しました。アニメ版『高校武闘伝 クローズ』は発売されていたのですが実写版は初めてです。


『クローズ』という題名は、不良少年をカラス(CROW)にたとえたことから付けられているのです。「カラスの学校」の異名を取る超不良校・鈴蘭男子高校に転校してきた主人公・坊屋春道を軸に据え、様々な強敵と喧嘩を重ねて友情を育んでいく様子を描いたコアなファンが多い漫画なのです。


K2
主演は、小栗旬、やべきょうすけ、山田孝之、黒木めいさ。先日の第20回東京国際映画祭の特別招待作品として、TOHO シネマズ六本木ヒルズで上映もされ話題になりましたね。


監督は、『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』に続き、2008年にはあの大映の名作のリメイクの『大魔神』を初め、1977年のタツノコプロの名作アニメ『YATTER MAN ~ヤッターマン~』の実写版の監督も決まっている三池崇史監督。アクション映画を撮れば日本ではNO1ではないでしょうか?


【予告編】→1分34秒





 原作の高橋ヒロシのフェイヴァリット・アーティストである横道坊主、THE STREET BEATSを中心に浅井健一、The birthday、ガガガSPが参加したサントラも話題です。


◎映画ランキング

プロフィール

riribaby

Author:riribaby
1961年大阪生まれ。映画あずみ・スカイハイの北村龍平を輩出した第1回インディーズムービーフェスティバルを立上げる。又、故淀川長治さんとジョイントセミナーを実施し話題に。

人気ブログランキング

応援クリックお願いします! B




最新映画NEWS
カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー
月別アーカイブ
お得な情報

TB

リンク
スポンサード リンク

ブログ全記事表示
検索フォーム

■タイトルを入れるとブログ内検索が出来ます。

邦画レビュー
洋画レビュー
TVドラマレビュー
記事
ぴあ満足度ランキング1位
全米興行収入1位
韓国・香港映画レビュー
放映中のテレビ番組

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。