もう騙されない!映画・TVドラマを100%満喫する鑑賞法

メーカーのうたい文句に騙されないための映画・TVドラマの鑑賞法や業界情報から業界仕掛人まで、さまざまな切り口でエンタメ情報を紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『のだめカンタービレ』のおなら体操!

一時は『のだめブーム』を作ったこのドラマ!月9で上野樹里と玉木宏の二人が主演のクラッシックをテーマにしたドラマが決定した時、今回の月9は期待出来ないと誰もが思ったのではないでしょうか?

2006年冬のクールで始まったこの作品の初回視聴率ランキングは4位と低迷して始まったのですがテンポの良さと上野樹里と玉木宏の二人が見事にハマり、最終回の視聴率は21.7%まで伸び第51回ザテレビジョン・ドラマアカデミー賞最優秀作品賞、主演女優賞を含む計6部門を受賞したのです。

N


脇役も、瑛太、小出恵介、竹中直人 、西村雅彦、豊原功補 、白石美帆、及川光博と豪華メンバーが揃っているのも見所ですが、この中で注目は、豊原功補演じる江藤耕造です。


【豊原功補(江藤耕造役)】


千秋の元担当教官。ハリセンを振り回すスパルタ式の厳しい指導をするため、ついたあだ名は「ハリセン」。彼のエリート専門の「江藤塾」からは、優秀な学生を多く輩出している。のだめの才能に気付き、彼女の担当教官を買って出る。


交換条件で、ハリセンを手放し『おなら体操』をするのであれば、のだめが担当の教官でもOKという事で、しかたなくのだめ作曲の『おなら体操』をするシーンです。


この『おなら体操』は結構笑えますよ!

↓  ↓  ↓
◎『おなら体操』名場面


豊原功補は『時効警察』でも十文字疾風役でも、いい味を出していましたよね。是非、この顔を覚えておいて下さい。

TK

スポンサーサイト

ぴあ満足度ランキング 1位『エマニュエルの贈りもの』  6月23日(土)公開映画 

先週公開の『ぴあ満足度ランキング』をお届け致します。

ぴあ満足度ランキング』とは、毎週、新作映画公開初日に、“ぴあ出口調査隊”が映画館でのアンケートやモニター調査を実施。ぴあが独自に集計・発表しているオリジナルのランキングです。観客の生の声を調査していますので、映画選びの参考になるかと思います。


映画の予告や宣伝に騙されて後悔した事はありませんか?又、知らなかった映画が満足度ランキングの1位にランクインしていたりしていてノー
チェックの映画も見落とす事がなくなるでしょう!


【6月28日(木)付最新ランキング―6月23日(土)公開映画】


1位:エマニュエルの贈りもの→90.7点
2位:サイドカーに犬→89.8点
3位:ジェイムズ聖地〈エルサレム〉へ行く→89.7点
4位:アヒルと鴨のコインロッカー→88.7点
5位:図鑑に載ってない虫→86.9点
6位:転校生 さよならあなた→86.6点
7位:殯〈もがり〉の森→85.9点
8位:ラッキー・ユー→85.6点
9位:リサイクル -死界-→85.6点
10位:キディ・グレイド-メイルシュトローム-氾濫篇→84.3点
11位:イラク 狼の谷→83.1点
12位:憑神〈つきがみ〉→80.3点


◆先週は小粒な作品が集中した中1位に輝いたのは、義足でトライアスロンのレースに挑戦したアスリート、エマニュエルの姿を追ったヒューマン・ドキュメンタリー作品『エマニュエルの贈りもの』です。

ema1


【内容】

ガーナでは現在もワクチン不足などの理由で、多くの子供たちが障害をもって生まれてきます。その数は全人口の10%にあたる200万人にも及ぶそうです。

ところが、この国の障害者は“呪われた者”とみなされ、物乞いとして生きるしかないというのです。そんな中で障害を持って生を受けたエマニュエルだが、「障害児だと分かるとすぐ家族に殺されるケースも多い中、母は僕を励まし大事に育ててくれた。僕は恵まれてるよ」と自らの境遇を前向きに語ります。


母親から不屈の精神を学んだエマニュエルは、“障害者アスリート財団”からの支援で自転車を手に入れ、片足でガーナ全土を走破する偉業を成し遂げ、さらに義足を着けてトライアスロン大会に参加するなど、障害者スポーツを通して母国の障害者福祉を変えるべく日々奮闘しているさまをドキュメントで描いた作品です。


東京をかわきりに、全国順次ロードショウが決定していますので今何かに悩んでいる方や、行きずまっている方は是非、この映画を観て生きることの素晴らしさを感じ取って下さい。



◆公式サイト上でチャリティーオークションを開催し、その収益金をガーナ国内で生活する障害者の方々への支援に充てようという事で、マラソンの高橋尚子選手やK-1の魔裟斗選手、千葉ロッテマリーンズの西岡剛選手など多数のトップアスリートが賛同・出品提供して1,074,277円集まりました。

ema2


このお金で1台あたり$44.40米ドル(日本円にして約5,300円)と非常に安価な簡易組立式車椅子が寄与されました。


◎「エマニュエルの贈りもの」公式サイト


『ハケンの品格』 新キャラを開拓で篠原涼子の代表作に!

いよいよ6月27日『ハケンの品格』DVD発売です。あまりの面白さに口コミで広がり回を重ねる毎に視聴率があがり、関東では初回視聴率が18.2%が最終回では26.0%と8%も視聴率がUP!篠原涼子主演ドラマ作品では初の20%を超えた話題のドラマです。

H1


派遣社員というテーマを扱った連続ドラマは私の知る限りなく今の時代にマッチした事もあるが、篠原涼子演じる大前晴子は資格だけでも26以上持ち、特Aランクのスーパー派遣社員で時給が3000円なのです。

H2


このドラマの面白さは、その大前晴子のキャラです。与えられたノルマを淡々とこなし、相手構わず言いたいことを言い決めゼリフは「それが何か?」。契約した事以外はしなく休日出勤もしない。勿論残業も一切しないという徹底ぶり。


そして、大泉洋演じる営業主任の東海林武のキャラ。面倒見がよく仕事もでき、上司や部下からの信頼も厚いが、何故か派遣社員に対して差別意識をもっているのです。


この性格の正反対で犬猿の仲の二人の絡みがこのドラマの面白さを盛り立て、いろいろな資格を持っている事から随所にその力が発揮される、時給3000円の大前晴子の仕事ぶりが大きな見所です。

H3


第52回TVドラマアカデミー賞では、作品賞は『花より男子2』には負けましたが、主演女優賞は「花より男子2」の井上真央を押さえて、新キャラを開拓した篠原涼子が主演女優賞を獲得しました。


篠原涼子さんの主演女優賞獲得のインタビューはコチラで見れます。

◎篠原涼子さんの受賞インタビュー


TV放映時は毎週、楽しみにしており1週間が待ち遠しかったです。おそらく、第1回を見ればハマル事間違いなしですので一気に見てしまうのではないでしょうか?TVドラマ史上、私のBEST5に入る1本です。




脚本:中園ミホ
演出:南雲聖一
プロデューサー:櫨山裕子
音楽:菅野祐悟
出演:篠原涼子、加藤あい、小泉孝太郎、大泉洋
制作年度 / 国 2006 / 日
収録時間 92分
音声仕様 日:ドルビーステレオ
字幕
画面サイズ ビスタ / スクィーズ(LB)
面・層 片面1層
商品番号 VPBX-12752
発売日 2007年6月27日
メーカー バップ

全米興行収入-BOX OFFICE 1位『エバン・オールマイティ』 June 22–24, 2007

毎週月曜日は先週末のアメリカの興行成績ランキング(BOX OFFICE)のランキングと気になる映画の紹介をしています。ここで上位の作品は、約半年後に日本公開されるので要チェックですよ!



さて、6月22日~6月24日の興行成績ランキングはこのようになりました。


【全米映画興行収入トップ10 6月22日~6月24日】 ( )は前週


1(N)Evan Almighty・・・・・3211万ドル
2(N)1408........2017万ドル
3(1)Fantastic Four: Rise of the Silver Surfer....2015万ドル
4(2)Ocean's Thirteen..........1134万ドル
5(3)Knocked Up............1063万ドル
6(4) Pirates of the Caribbean: At World's End・・・・・721万ドル
7(5)Surf's Up ・・・・・・・・670万ドル
8(6)Shrek the Third・・・・・・・575万ドル
9(7)Nancy Drew..........450万ドル
10(N)A Mighty Heart・・・・・400万ドル


◆今週は全体的に順位の大きな変動はありませんが、初登場作品が1位、2位を独占致しました。1位に輝いた作品は『エバン・オールマイティ』です。この作品はジム・キャリー主演の「ブルース・オールマイティ」の続編で、コメディ映画としては過去最高の1億7500万ドルの総製作費をかけた作品です。

1 e



『The 40-Year-Old Virgin(邦題:40歳の童貞男)』でブレイクしたスティーヴ・カレルが 『ブルース・オールマイティ』の中で演じたニュース・キャスターのエヴァンを主役に据えたスピンオフ作品です。


◎エバン・オールマイティ公式HP


◆そして2位に初登場した作品は、スティーブン・キング原作の新感覚ホラーの『1408(原題)』で主演はジョン・キューザック、サミュエル・L・ジャクソン。

1408


【内容】

呪われた場所を取材し、執筆して生計を立てていた作家・マイクは、ある朝海岸で、ドルフィンホテルのカードを発見する。そのカードには“何があっても決して1408号室に入ってはいけない”と書かれていた。その後マイクは、ドルフィンホテルの1408号室に宿泊した56人が全員謎の自殺を遂げているという事実を突き止める。真相を探るべく、マイクはその部屋に宿泊するが・・・

◎1408公式HP



スティーブンキング原作作品の映画化は過去何度もされているが、やはり原作を超える映画は少なく、ここ最近でも映画化は減少傾向にありましたが、こちらもかなり苦戦が予想されると思います。


 




『プレステージ』は要注意パターンです。

この映画の結末を、決して人に話さないでください』とい字幕が冒頭に表示されますが、この映画の結末を知って観にいけば誰だって面白くないのは当り前。でも、この映画は残念ながら映画に騙されるというより配給会社GAGAの宣伝に騙されたって感じです。

P1


130分の全ての画面の中にトリックが隠されている訳だが、問題は話が簡単なようで複雑すぎるのです。編集も無理やりカットした為か良くないし、現実と過去が繰り返されるので、とにかく観ていて疲れます。字幕も読まないといけないので画面もじっくり見る事も出来ない。

P2

このラストのトリックを作り出すために、ここまで複雑にするとやはり面白さが半減される訳です。2度観た方が分かりやすいが二度も観る気はしない。

私だったら、この映画の冒頭に・・・

『この映画は決して期待してみないで下さい。』

と入れたいぐらいです。そうすれば面白く、楽しめるのではないでしょうか?





映画を観るときに参考になる点をひとつ紹介しましょう!
これはある程度、知っておくと便利ですよ。


この映画の制作会社はブエナビスタ&ワーナーが共同で作った映画です。通常はメジャーメーカーが作った作品は日本でもブエナビスタかワーナーが公開するのが一般の流れなのです。


でも、『プレステージ』は、日本での配給はGAGAです。すなわちブエナビスタ&ワーナーが日本のGAGAに日本でのビデオグラム化権(配給・セル&レンタル・TV化権など全て)を売ったわけです。


何故、売るのか?という疑問が沸きますよね。


要は作品に自身がないからです。もし、『スパイダーマン3』や『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールドエンド』だったら絶対に売らない訳です。何故なら儲かるのが見えているからです。

P3


『プレステージ』の場合は、自分達で宣伝して苦労かけるよりも高く、他の映画会社が買ってくれた方が儲かると判断したわけです。


だから、アメリカではメジャー会社制作した映画を日本の配給会社に売った映画は良くないケースが多いので注意が必要だという事です。


ぴあ満足度ランキング 1位『キサラギ』 6月16日(土)公開映画

先週公開の『ぴあ満足度ランキング』をお届け致します。

ぴあ満足度ランキング』とは、毎週、新作映画公開初日に、“ぴあ出口調査隊”が映画館でのアンケートやモニター調査を実施。ぴあが独自に集計・発表しているオリジナルのランキングです。観客の生の声を調査していますので、映画選びの参考になるかと思います。


映画の予告や宣伝に騙されて後悔した事はありませんか?又、知らなかった映画が満足度ランキングの1位にランクインしていたりしていてノーチェックの映画も見落とす事がなくなるでしょう!


【6月21日(木)付最新ランキング―6月16日(土)公開映画】


1位:キサラギ→91.6点
2位:きみにしか聞こえない→91.0点
3位:雲南の少女 ルオマの初恋→89.0点
4位:舞妓Haaaan!!→88.4点
5位:ラストラブ→87.4点
6位:ブリッジ→83.2点
7位:アコークロー→78.6点
8位:ゾディアック→77.5点
9位:ハリウッドランド→75.4点
10位:ストレンジャー・コール→75.2点
11位:ふぞろいな秘密→74.7点


◆話題作が多い中1位に輝いたのは、自殺した特に有名ではないアイドル・如月ミキの一周忌にファンサイトを通じて集まった5人の男を描いた作品『キサラギ』です。

出演は小栗旬、ユースケ・サンタマリア、小出恵介、ドランクドラゴンの塚地武雅、香川照之と人気、実力を兼ね備えた5人のが繰り広げるハイテンションな会話劇!

派手さはないが、舞台劇を見ているかのように映像と会話に引き込まれていく密室ドラマ。お金をかけない映画でも、こういう映画が顧客満足度1位に選ばれるのは嬉しいです。





【私の注目の映画】


◆私が個人的に注目していたのは『舞妓Haaaan!』です。顧客満足度4位ながら、平均得点88.4点は高い数字だと思います。

1m


この映画は私が好きな役者、阿部サダヲ、堤真一の共演。脇役も柴咲コウ、京野ことみ、酒井若菜、生瀬勝久、山田孝之、北村一輝、植木等、真矢みき、吉行和子、伊東四朗と本当に贅沢な映画です。宮藤官九郎がオリジナル脚本を手がけています。


◆さまざまなルールや、しきたりが満載の“舞妓”の世界を舞台に、舞妓と野球拳をするという夢をかなえるため、人生のすべてをかける男の姿をハイテンションに描く人情喜劇です。これはヒット間違いないと思いますよ。





宮藤官九郎の脚本を、阿部サダヲ、堤真一、柴咲コウらの共演で映画化したエンタテインメント・ムービー『舞妓Haaaan!!!』のメイキング作品。主演3人のインタビューをはじめ、撮影現場に潜入したメイキング、製作発表記者会見の模様など、映画の魅力をとことん紹介。キャストやスタッフの紹介、ロケ現場風景のほか、超異色の主題歌なども楽しめる。

全米興行収入-BOX OFFICE 1位『ファンタスティック・フォー/銀河の危機』 June 15–17, 2007

毎週月曜日は先週末のアメリカの興行成績ランキング(BOX OFFICE)のランキングと気になる映画の紹介をしています。ここで上位の作品は、約半年後に日本公開されるので要チェックですよ!



さて、6月15日~6月17日の興行成績ランキングはこのようになりました。


【全米映画興行収入トップ10 6月15日~6月17日】 ( )は前週


1(N)Fantastic Four: Rise of the Silver Surfer・・・・・5805万ドル
2(1)Ocean's Thirteen............1972万ドル
3(3)Knocked Up...........1406万ドル
4(2)Pirates of the Caribbean: At World's End..........1241万ドル
5(4)Surf's Up............925万ドル
6(5)Shrek the Third ・・・・・・・900万ドル
7(N) Nancy Drew・・・・・・・・683万ドル
8(6)Hostel Part II・・302万ドル
9(7)Mr. Brooks..........290万ドル
10(8)Spider-Man 3 ・・・・・250万ドル


◆今週初登場で1位に輝いた作品は『ファンタスティック・フォー/銀河の危機』です。こちらも2005年に公開して大ヒットした『ファンタスティック・フォー/超能力ユニット』の続編です。

FF1


『The Fantastic Four』は、1967年から1968年にかけてアメリカABCで放送されたテレビアニメシリーズで『スパイダーマン』『X-メン』などと並ぶアメリカン・コミックのひとつです。


初登場で興行収入5805万ドル(日本円で約70億円)は『オーシャンズ13』を2000万ドル以上上回っている上、『プレステージ』の総興行収入を1週で抜いた訳ですからアメリカでは凄い人気です。


でも前作『ファンタスティック・フォー/超能力ユニット』は『スパイダーマン』『X-メン』のように派手な公開でなく地味な公開だったように思います。興味のある方は前作をチェックしてみて下さい。

FF2


おそらく、キャストも監督も有名ではなく日本でも馴染みの薄いアメリカンコミックではありますが、この興行収入はかなり高い成績なので劇場で見れば面白いかもしれません。


◎ファンタスティック・フォー/超能力ユニット





監督:ティム・ストーリー
製作総指揮・原作:スタン・リー
脚本:マイケル・フランス
音楽:ジョン・オットマン
出演:ヨアン・グリフィズ、ジェシカ・アルバ、クリス・エヴァンス、マイケル・チクリス
制作年度 / 国 2005 / 米
収録時間 106分
音声仕様 英:DTS5.1ch/ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch、英(解説):未定
字幕 日・英
画面サイズ シネスコ / スクィーズ(LB)
面・層 片面2層
商品番号 FXBY-28667
発売日 2007年9月7日
メーカー 20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン

ぴあ満足度ランキング 1位『Watch with Me~卒業写真』 6月9日(土)公開映画

先週公開の『ぴあ満足度ランキング』をお届け致します。

ぴあ満足度ランキング』とは、毎週、新作映画公開初日に、“ぴあ出口調査隊”が映画館でのアンケートやモニター調査を実施。ぴあが独自に集計・発表しているオリジナルのランキングです。観客の生の声を調査していますので、映画選びの参考になるかと思います。


映画の予告や宣伝に騙されて後悔した事はありませんか?又、知らなかった映画が満足度ランキングの1位にランクインしていたりしていてノーチェックの映画も見落とす事がなくなるでしょう!


【6月14日(木)付最新ランキング―6月9日(土)公開映画】


1位:Watch with Me~卒業写真→90点
2位:それでも生きる子供たちへ→87.3点
3位:選挙→84.5点
4位:アポカリプト→83.9点
5位:300〈スリーハンドレッド〉 →83.0点
6位:恋する日曜日 私。恋した→82.8点
7位:プレステージ→82.5点
8位:テレビばかり見てると馬鹿になる→80.3点
9位:ライフ・スタイル・オブ・ジェリー・ロペス~
ザ・クリーネスト・ライン→76.7点
10位:ストーン・カウンシル→75.5点
11位:レベル・サーティーン→74.9点
12位:ITバブルと寝た女たち→73.4点


話題の洋画『300』『プレステージ』『アポカリプト』を抑えて、先週のぴあ満足度ランキング1位に輝いたのは、邦画の『Watch with Me~卒業写真』です。ほとんど宣伝もされていなかったので知らなかった方が多いのではないでしょうか?

s2


舞台は福岡県の久留米市なので、4月21日には九州地区で先行上映をされていたので、九州の方はご存知の方は多いかもしれないですね。

S1


【内容】

ガンを患い、余命半年と宣告されていた元報道カメラマンの上野和馬は、余生を懐かしい田舎町で過ごしたいと久留米に戻る。昔の同級生がいるホスピスに入院した彼のもとに、懐かしい友達が訪れ、卒業写真を眺めながら思い出話に花が咲く。だが和馬にはどうしても思い出せない場面があった。和馬は自分の記憶を呼び覚ますために、妻の由紀子の力を借りて、最後の写真集を撮りあげることを決意する。



◆タイトルのWatch with Me とは『私とともに目を覚まして祈りなさい』という意味で、この映画では『死が近い人を見守る』という意味で使われています。エンディングテーマはHi-Fi SETが歌う名曲「卒業写真」です。想像しただけでも、涙を誘う演出ですね。


◎Watch with Me~卒業写真予告編



【300〈スリーハンドレッド)】


全米で大ヒットした『300』ですが、評価が分かれて5位に。前編CGなのであの映像を期待して観にいった方は凄いという評価ですし、反対に内容を期待して行った方は、日本では馴染みの薄い題材だけに期待ハズレだったのかもしれません。でも、この映画は大画面で観ないと良くありませんので、興味のある方は是非、劇場であの迫力を体感してみてはいかがでしょうか?

◎300の予告編はコチラ



◆顧客満足度を見てみると、観客は求めるのは人気俳優やCGを使った大作志向より、やはりキャスティングより内容を重視する本物志向になってきたのではないでしょうか?


日本のメジャー会社も、そろそろTVドラマがヒットし劇場版を作るという流れを早く断ち切らないと、アメリカ映画のように評価されなくなるので少し心配です。




監督:ザック・スナイダー
原作・製作総指揮:フランク・ミラー
脚本:カート・ジョンスタッド
撮影:ラリー・フォン
出演:ジェラルド・バトラー、レナ・ヘディー、デイビッド・ウェナム、ドミニク・ウェスト
制作年度 / 国 2007 / 米
収録時間 117分
音声仕様 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch、英(解説):未定
字幕 日・英・解
画面サイズ シネスコ / スクィーズ(LB)
面・層 片面2層
商品番号 DLW-Y16285
発売日 2007年9月26日
メーカー ワーナー・ホーム・ビデオ

全米興行収入-BOX OFFICE 1位『オーシャンズ13』 June 8–10, 2007

毎週月曜日は先週末のアメリカの興行成績ランキング(BOX OFFICE)のランキングと気になる映画の紹介をしています。ここで上位の作品は、約半年後に日本公開されるので要チェックですよ!



さて、6月8日~6月10日の興行成績ランキングはこのようになりました。


【全米映画興行収入トップ10 6月8日~6月10日】 ( )は前週


1(N)Ocean'sThirteen・・・・・3613万ドル
2(1)Pirates of the Caribbean: At World's End............2114万ドル
3(2)Knocked Up...........1964万ドル
4(N)Surf's Up..........1764万ドル
5(3)Shrek the Third............1531万ドル
6(N) Hostel Part II・・・・・・・820万ドル
7(4) Mr. Brooks・・・・・・・・491万ドル
8(5)Spider-Man 3・・・430万ドル
9(6)Waitress..........1600万ドル
10(10)Disturbia ・・・・・52万ドル


◆今週初登場1位に登場したのは、シリーズ3作目の『オーシャンズ13』で興行収入は3613万ドルでした。前作の『オーシャンズ12』の1週目の興行収入は3915万ドルだった事と比較すると前作より興行成績はダウンしています。

O13


『スパイダーマン3』『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』はシリーズ毎に興行成績が伸びているのに対し、落ちているのは気になる数字です。

観た方の評価で非常に悪い評価をつけた方が12.5%とかなり多く、期待はずれに終わった感があるみたいなのでしょうか?でもストーリーは単純で分り易い話になっています。


【内容】

ダニー率いる犯罪集団オーシャンズ。そのひとりであるルーベンが、カジノ経営者バンクの裏切りで瀕死の目に遭う。敵討ちを誓ったダニーはメンバーを集め、新カジノのオープンを迎えたバンクを徹底的に潰そうとする。今回の舞台はラスベガス

◎オシャンズ13公式サイト



【注目の映画】

昨年公開されたペンギン映画『HAPPY FEET』に続き又もペンギン映画。
「Surf's Up」の登場です。ペンギンのサーファーがサーフィンの世界大会で優勝を目指すというフルCGアニメ映画で,日本では12月15日公開予定です。

ちょっとペンギンのキャラクターが『HAPPY FEET』に比べて可愛くないような気がしますが、日本ではヒットするでしょうか?


SP


◎Surf's Up公式サイト











監督:スティーブン・ソダーバーグ
製作:ジェリー・ワイントローブ
脚本:ジョージ・ノルフィ
音楽:デイビッド・ホルムズ
出演:ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、マット・デイモン、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
制作年度 / 国 2004 / 米
収録時間 125分
音声仕様 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch
字幕 日・英・吹
画面サイズ シネスコ / スクィーズ(LB)
面・層 片面2層
商品番号 HAFP-38948
発売日 2007年7月13日
メーカー ワーナー・ホーム・ビデオ

ぴあ満足度ランキング 1位『そのときは彼によろしく』 6月1日(金)・2日(土)公開映画

先週公開の『ぴあ満足度ランキング』をお届け致します。

ぴあ満足度ランキング』とは、毎週、新作映画公開初日に、“ぴあ出口調査隊”が映画館でのアンケートやモニター調査を実施。ぴあが独自に集計・発表しているオリジナルのランキングです。観客の生の声を調査していますので、映画選びの参考になるかと思います。


映画の予告や宣伝に騙されて後悔した事はありませんか?又、知らなかった映画が満足度ランキングの1位にランクインしていたりしていてノーチェックの映画も見落とす事がなくなるでしょう!


【6月7日(木)付最新ランキング―6月1日(金)・2日(土)公開映画】


1位:そのときは彼によろしく→87.3点
2位:大日本人→85.2点
3位:スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー→83.7点
4位:ザ・シューター 極大射程→83.4点
5位:アカデミー→83.1点
6位:あるスキャンダルの覚え書き→82.2点
7位:ウミヒコヤマヒコマイヒコ→81.8点
8位:映画は生きものの記録である 土本典昭の仕事→81.7点
9位:監督・ばんざい!→81.3点
10位:東京小説~乙桜学園祭~→79.0点
11位:女帝〈エンペラー〉→77.9点
12位:鉄板英雄伝説→77.2点



【松本人志VS北野武】


今週の注目はカンヌでも話題になった、松本人志の『大日本人』と北野武の『監督・ばんざい!』と奇しくも同日公開となりましたが、満足度ランキングでは4点差で『大日本人』に軍配


興行収入でも、『大日本人』は土日2日間で221スクリーンで動員15万6700人、興収2億2691万円を記録。最終興収は10億円~15億円とヒット確実。一方の「監督・ばんざい!」は、公開館数が112と「大日本人」の半分という地道な公開。オープニングの数字発表はないが、最終興収5億円程度の興行となり松本人志に軍配が上がりました。



M




◎大日本人公式サイト




T



◎監督・ばんざい公式サイト



◆顧客満足度1位の『そのときは彼によろしく』は長澤まさみと山田孝之、塚本高史、国仲涼子と人気俳優が揃いながら、顧客満足度は87.3点と低く、2日間の興収およそ8892万円を上げたが興収10億円までは届きそうもなく苦戦を強いられそうで
す。


日本映画もアメリカ映画と同様に役者、監督で呼べる時代ではなく、映画の中身が伴わないといけない時代になってきたみたいです。一つの基準として顧客満足度が90点以上を目安にすればいいかと思います。




アーティスト: サントラ
作曲: 松谷卓 ほか
レーベル: EPICレコード
販売元: 株式会社ソニー・ミュージックディストリビューション
発売日: 2007年05月30日
メーカー品番: ESCL-2947
ディスク枚数: 1枚
収録時間: 56分30秒

全米興行収入-BOX OFFICE 1位『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』 June 1–3, 2007

毎週月曜日は先週末のアメリカの興行成績ランキング(BOX OFFICE)のランキングと気になる映画の紹介をしています。ここで上位の作品は、約半年後に日本公開されるので要チェックですよ!



さて、6月1日~6月3日の興行成績ランキングはこのようになりました。


【全米映画興行収入トップ10 6月1日~6月3日】 ( )は前週


1(1)Pirates of the Caribbean: At World's End・・・・・4318万ドル
2(初)Knocked Up ............2928万ドル
3(2)Shrek the Third...........2670万ドル
4(初)Mr. Brooks..........1002万ドル
5(3)Spider-Man 3............750万ドル
6(5) Waitress・・・・・・・202万ドル
7(初) Gracie・・・・・・・・136万ドル
8(4)Bug・・・122万ドル
9(6)28 Weeks Later ..........120万ドル
10(7) Disturbia・・・・・112万ドル


◆『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』『スパイダーマン3』『シュレック3』の三つ巴の争いに今週初登場2位に割り込んで来た作品が『Knocked Up』です。

N1

アメリカ人が大好きな展開のラブコメディーです。日本では監督も役者も無名ですが、結構予告編は面白そうです。まず、だいたいのストーリーを読んでから予告編を見てみて下さい。


【内容】

芸能レポーターとして活躍する24歳のアリソンは、酔っ払った挙句にバーで知り合ったベンと一夜限りの関係を持ち、妊娠してしまう。出産を決心したアリソンは、シングル・マザーになるべきか、落ち着く気がまったくないベンと一緒に子供を育てるべきか悩む。まずは互いをよく知ろうとしてみた2人だが、知れば知るほど相性の悪さが際立つ結果に・・・

◎Knocked Up公式サイト


【注目の映画】

M1


◆私が注目はしていたのは『Mr. Brooks』。初登場で4位と興行収入も不調だったのが残念ですが、ケヴィン・コスナー・デミ・ムーア主演のサスペンス映画です。残念ながら観た方の評判も良くないみたいです。

前にも書きましたが、最近は役者で観客が入らない時代になってきました。内容が伴わないと観客は入ってくれないのです。


【内容】

成功したビジネスマンかつ寛大な慈善家であり、良き父・良き夫として完璧な人生を送っているかのように見えたアールにはある秘密があった。彼は自分の中の別人格に操られて殺人を繰り返していたのだ。これまでは妻や娘からも完璧に裏の顔を隠してきたアールだったが、殺人現場をカメラマンのスミスに目撃されてしまい、その事件を調査する刑事トレーシーからも追われることになる。


◎Mr. Brooks公式サイト



ぴあ満足度ランキング 1位『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』 5月25日(金)・26日(土)公開映画

先週公開の『ぴあ満足度ランキング』をお届け致します。

ぴあ満足度ランキング』とは、毎週、新作映画公開初日に、“ぴあ出口調査隊”が映画館でのアンケートやモニター調査を実施。ぴあが独自に集計・発表しているオリジナルのランキングです。観客の生の声を調査していますので、映画選びの参考になるかと思います。


映画の予告や宣伝に騙されて後悔した事はありませんか?又、知らなかった映画が満足度ランキングの1位にランクインしていたりしていてノーチェックの映画も見落とす事がなくなるでしょう!


【5月31日(木)付最新ランキング―5月25日(金)・26日(日)公開映画】


1位:パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド→90.2点
2位:しゃべれども しゃべれども→89.0点
3位:ひめゆり→88.6点
4位:低開発の記憶―メモリアス―85.9→点
5位:インビジブル・ウェーブ→85.2点
6位:コマンダンテ→84.7点
7位:16[jyu-roku]→83.4点
8位:ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習→80.9点
9位:GOAL!2→80.0点
10位:日が暮れても彼女と歩いてた→79.4点
11位:毛皮のエロス ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト→78.6点
12位:ゼロ・ウーマンR 警視庁0課の女 欲望の代償→72.0点



【海賊VS蜘蛛】

◆『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールドエンド』は1日早い25日(金)の公開で105人の満足度平均が90.2点と高得点をあげました。しかしライバルのスパイダーマン3は97人の満足度平均が91.8点という意味では若干ですがスパイダーマン3に軍配が上がった格好です。


◆公開本数は12本と多いですが、やはり『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールドエンド』と公開を重なる事を避け、知らない映画が3位以降ランキングされているのが目立ちます。


その中で今週のPICK UPする映画は、2位の『しゃべれども しゃべれども』です。


sya1


【しゃべれども しゃべれども】


sya3


◆この映画は、07年度本屋大賞を『一瞬の風になれ』で受賞された佐藤多佳子さんの原作の映画化!この映画の原作は10年以上も前に書かれた作品なので一度、賞を受賞するとこのような事があるので原作者にとっては嬉しい限りですね。でも、この小説は1997年に『本の雑誌が選ぶ年間ベストテン』第1位に選ばれた作品なので、単なる流行物ではありません。

sya2


◆この映画の監督は、1998年に日本アカデミー賞を受賞した『愛を乞う人』を監督した平山秀幸監督。『学校の怪談』シリーズを撮った監督でも有名ですね。主演は、TOKIOの国分太一に、『僕の歩く道』『バンビーノ』で今、個人的に旬の女優の香里奈です。


内容は・・・

思うように腕が上がらず悩んでいる二つ目の落語家・今昔亭三つ葉のもとに、すこぶる無愛想な口下手美人、クラスになじめない関西弁少年、毒舌でいかつい元プロ野球選手といった変わり者が集まってきた。 ひょんなことから彼らに落語や話し方を教えることになったのだが、三人は集まるごとに言い争い、なかなか落語も憶えない。彼らをまとめなければならない三つ葉にも、恋と仕事の迷いがあって…。


しゃべれども しゃべれども 気持ちを伝えられず
しゃべれども しゃべれども “想い”に言葉は敵わない
しゃべれども しゃべれども 伝えたいことは ただひとつ
何かを 誰かを 「好き」という想い ただ それだけ




この作品のテーマは、ずばり『自信って何?』です。


今、何かで悩んでいる人、是非この映画を観て元気をもらって下さい。


しゃべれどもしゃべれども公式サイト





発売日:2007年11月09日発売

[キャスト]

国分太一 『ファンタスティポ』
香里奈 「僕の歩く道」『海猿 ウミザル』『輪廻』「バンビ~ノ!」「牛に願いを Love&Farm」
森永悠希 「芋たこなんきん」
松重豊 『血と骨』『チェケラッチョ!!』『愛の流刑地』
八千草薫 『サトラレ』『阿修羅のごとく』『きみにしか聞こえない』
伊東四朗 『THE 有頂天ホテル』『舞妓Haaaan!!』

【Disc.1】
ゆずPV「明日天気になぁれ」 監督:蜷川実花
予告編集
【Disc.2】
国分太一の落語修行~噺家三つ葉のできるまで~
蔵出し映像!本編で惜しくもカットされた落語シーン
   国分太一「火焔太鼓」 伊東四朗「火焔太鼓」 森永悠希「まんじゅうこわい」
宣伝でしゃべれどもしゃべれども
   完成披露試写舞台挨拶
   初日舞台挨拶
   佐藤多佳子(原作者)トークショー
国分太一スペシャル・インタビュー

映画の鑑賞チケットが激安で出回る理由

新宿の想いで横丁の近辺には、チケットのディスカウントストアーが数件並んでいます。新宿で映画を観る場合はだいたいここで映画のチケットを買うのですが、なんと・・・

あの映画が280円で大量に売りさばかれているのです

R1

あの映画とは、以前にもこのブログで紹介した『イナゴ少女現る』のキャッチの『リーピング』。歌舞伎町の中の新宿ミラノ座3で5月19日から公開しているのですが、6月8日で終わってしまうので、思わぬ苦戦にチケットが余りすぎ一気に売りさばかないと売れ残るとただの紙ですからね。


昔、『ナニワ金融道』の中で、これを利用した裏技を思い出しました。これは一般の方の裏技ではないのですが、映画館主が使える裏技があるのです。

NANIWA


映画館にお客様が支払ったお金は、映画館と配給会社で分ける訳です。映画の作品パワーによって取り分比率が違いますが、『リーピング』クラスの作品だと、折半かもしれません。

RP2


そうすると、映画館主がこの激安券を280円で大量の購入します。そして半券を切取り配給会社に送ります。前売金額が1300円とすると、単純計算して劇場が650円、配給会社が650円になります。280円で買った激安券の半券1枚につき、370円の利益を上げる事が出来ます。



もし、500枚買えば500枚×370円=18万5000円の利益を上げれる訳です。昔の漫画なので今は分りませんが、実際に使われていた裏技みたいです。


ちなみに、明日6月1日は映画の日ですので1000円で映画が観れますので覚えておいて下さいね。映画の日と知らずに、ディスカウントストアーで1300円で購入している人もたまに見かけますから!

プロフィール

riribaby

Author:riribaby
1961年大阪生まれ。映画あずみ・スカイハイの北村龍平を輩出した第1回インディーズムービーフェスティバルを立上げる。又、故淀川長治さんとジョイントセミナーを実施し話題に。

人気ブログランキング

応援クリックお願いします! B




最新映画NEWS
カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー
月別アーカイブ
お得な情報

TB

リンク
スポンサード リンク

ブログ全記事表示
検索フォーム

■タイトルを入れるとブログ内検索が出来ます。

邦画レビュー
洋画レビュー
TVドラマレビュー
記事
ぴあ満足度ランキング1位
全米興行収入1位
韓国・香港映画レビュー
放映中のテレビ番組

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。