もう騙されない!映画・TVドラマを100%満喫する鑑賞法

メーカーのうたい文句に騙されないための映画・TVドラマの鑑賞法や業界情報から業界仕掛人まで、さまざまな切り口でエンタメ情報を紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワルキューレ

トムクルーズが日本来日して宣伝していた最新作

「ワルキューレ」

を観ました。

勿論、いつもの映画館、新宿ピカデリーです。
この映画館で一度、映画を観ると全ての環境が良すぎるので他の映画館では観れません。

そのせいか、休日はかなりの人で混雑しているので、人気作品は1時間前から予約をしないといい席が取れないし、ぎりぎりだと満席で入れません。

売店でポップコーンを買うのにも10分~15分も並ばなければいけない時も。

そんな訳で、日曜日の18時40分の回を観ようと1時間前に劇場に到着。
そして、いつもの後方の定位置を確保。

映画が始まる10分前にスタンバイをしていたのですが、なんと公開2週目にかかわらず、この時間帯で空席が目立ちます。おそらく、空席率は35%ぐらいありました。

帰って、ぴあ満足度ランキングを調べると15作品中12位。
平均得点は79.2点
  Rankingを見る。



【物語】

シュタウフェンベルク将校(トム・クルーズ)たちが命を賭けて挑んだワルキューレ作戦の最終目標は“ヒトラーの暗殺”だった。第二次世界大戦中に起こった実在の事件を基に描いた濃密なサスペンス劇。

評価が低いのは原因はわかるような気がします。

・登場人物の名前がドイツの名前なので覚えにくい。
・アクションより話が多い。(予告編とは大違い)
・ストーリーが難しい。(全体の流れはわかるが・・・)

確かに私も全体的なストーリーは理解出来ますが、詳しいところまで説明を求められると75%しか理解出来ていないと思います。

でも、この映画を、ブライアン・シンガー監督がハラハラ・ドキドキさせる120分間の見事なサスペンス劇に仕上げています。効果音や音楽も加わり、一層スリリング感がわき立ちます。

ブライアン・シンガー監督と言えば、あの名作「ユージュアル・サスペクト」を撮った監督なので、この辺りの演出はお手のもの。

最近の映画では珍しく、人気俳優はトム・クルーズしか出ていませんが、(実際は名優が出ているのですが、最近の若い人はあまり知らない)通常なら実話なので、堅苦しく難しい作品になるところを、彼の演技とブライアン・シンガーの演出でここまでの娯楽作品にしたのは流石と思います。

この映画は本来メジャースタジオが製作したMGM作品。
メジャースタジオが製作した作品は、通常はメジャー会社に作品が自動的に流れます。


しかし、この映画は東宝東和が配給しているのです。
すなわち、メジャースタジオが、東宝東和にこの作品を売ったわけです。


おそらく、自分達で公開するよりも売った方が儲かると判断した訳です。もし、儲かると判断したなら、売らずに自分達で宣伝してDVDも販売するはずです。

このように、メジャースタジオが日本の会社に映画を売却した作品は、結構内容が評価されていない映画が多いので注意が必要です。


【ブライアン・シンガー監督お勧め】



Rankingを見る。



スポンサーサイト

『クィーン』でヘレン・ミレンがアカデミー主演女優賞

あのアカデミー作品賞にもノミネートされた『クィーン』ですが、もうすぐ劇場公開が終わります。私もあまり他国の王室の内情を描いた映画なので特に映画には興味がありませんでしたが、アカデミー主演女優賞を受賞した、ヘレン・ミレンの演技が凄いと話題になっていたので、劇場に足を運びました。


Q1 CHI


でも、ダイアナ元妃の死のニュースがブラウン管を通して流れて来た時は、衝撃が走ったのは10年前ですが、今でも自分の中での衝撃ニュースの一つですから。



チャールズ皇太子の浮気が原因で離婚、王室を離れた後もさまざまな活動をされていたので日本でもニュースを通してのダイアナ元妃のイメージは良くイギリスでも国民的英雄だったのに、離婚して民間人になったとは言え、何故エリザベス女王はコメントを避けたのか?


それは、民間人となっていたダイアナ元妃の死は、しきたり上、王室が対応できなくエリザベス女王は弔意のコメントをださなく結果、国民の非難が寄せられ国民と王室が離れていくことになるのです。

Q3 e


映画は、窮地に追い込まれた女王と、何とかピンチを乗り越えようと躍起になるブレア首相の7日間を克明に再現しています。



ケネディ暗殺を描いたオリヴァー・ストーン監督の「JFK」で描かれたよう実写のテレビ映像と、ドラマ部分を効果的につなぎこんだ映像で、後半はサスペンス映画を観ているかのように映画に引き込まれていきました。

Q2 A

とにかく、エリザベス女王を演じた、ヘレン・ミレンの演技は真似事ではなく、表情から歩き方、話し方まで研究に研究を重ねた、まさに役者魂と言えるアカデミー主演女優に恥じない見事な演技でした。これがアメリカ内外の事を描いている作品だったらアカデミー作品賞も獲れたかもしれません。


後に、ヘレン・ミレンは本物の女王からバッキンガム宮殿での夕食会に招待されていたのですが、仕事が忙しく「ご招待を5月1日に延期していただいたのですが、撮影のスケジュールを変更できず、この夕食会には出席できませんでした」という話は有名になりましたね。




出演: ヘレン・ミレン[主演]
監督: スティーヴン・フリアーズ
販売元: エイベックス・マーケティング株式会社
発売日: 2007年10月24日
収録時間: 104分

◎人気ブログランキングへ



『初恋』3億円事件の実行犯は18歳の女子高生だった。

あの今でも、犯罪史上に名を残し今もなお、語り継がれている『三億円事件』。実はこの実行犯は、18歳の女子高生だったという設定で描かれ、題材は三億円事件ではあるが、その裏側にある18歳の少女の純粋な想いを描いた宮崎あおい、小出恵介主演の異色のラブストーリーです。

H1


実は偶然にも私の誕生日が3億円事件のあった12月10日なんです。さらに、この映画のプロデューサーの誕生日も12月10日と不思議なものですね。1968年東京の府中市で事件が起こったのです。


塙幸成監督は、映画『TOKYO SKIN』同様、ドキュメンタリー分野では実績があるので、どちらかと言えば淡々と映画を撮る監督で、観客がなかなか映画に入りこめない部分があるので好き嫌いが分かれる作品でないかと思います。しかし、映画のところどころにふせんが引かれてあり、それがラストの10分に一気に点から線に繋がるので、そこまで見れるかどうかがポイントです。

◎『初恋』公式サイト

◎映画ランキングへ



塙幸成監督は、この事件が起こった時は3歳なので、勿論時代背景などは知るはずもないのですが、60年代の学生運動が盛んだった時代背景や雰囲気を上手く作り出している辺りは、かなり研究された事を垣間見られます。又、タイトルの『初恋』とあるようなさわやかな作品でなく心に重く、づっさりと圧し掛かってくる作品なので、気分がいい時に見た方がいいかもしれません。

H3

先日、塙幸成監督と四つ谷のタンゴバーで一緒に飲みながら、朝まで映画談義を交わしており、私が企画で塙幸成さんが監督で。次回一緒に仕事をする事が決まりました。それは・・・又後日に。(写真は塙幸成監督)
プロフィール

riribaby

Author:riribaby
1961年大阪生まれ。映画あずみ・スカイハイの北村龍平を輩出した第1回インディーズムービーフェスティバルを立上げる。又、故淀川長治さんとジョイントセミナーを実施し話題に。

人気ブログランキング

応援クリックお願いします! B




最新映画NEWS
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー
月別アーカイブ
お得な情報

TB

リンク
スポンサード リンク

ブログ全記事表示
検索フォーム

■タイトルを入れるとブログ内検索が出来ます。

邦画レビュー
洋画レビュー
TVドラマレビュー
記事
ぴあ満足度ランキング1位
全米興行収入1位
韓国・香港映画レビュー
放映中のテレビ番組

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。